JPモルガンのブライス氏、米CFTCの諮問委員会に参加へ

米銀最大手、JPモルガン・チェー スの商品事業責任者、ブライス・マスターズ氏(44)が米商品先物取引 委員会(CFTC)の諮問委員会に加わる見通しだ。CFTCの広報担 当者、スティーブ・アダムスク氏が明らかにした。

事情に詳しい関係者によれば、マスターズ氏はCFTCのマーク・ ウェットジェン委員長代行によって世界市場委員会に招かれ、12日に開 かれるCFTCの会合に参加する予定。規則に関する国境を越えた指針 について協議する。

規制当局が銀行の商品市場への参加の是非について検討を進める 中、JPモルガンは、金属や石油などの現物商品を扱う商品部門の一部 を売却する方針。入札の事情を知る関係者は今週、マスターズ氏につい て、同行が商品部門の売却に関する独占交渉に入ったスイスのマーキュ リア・エナジー・グループに移籍する可能性は低いとの見方を示した。

一部の企業のデリバティブ(金融派生商品)取引が2008年の金融危 機につながったことを受け、CFTCは10年に制定された米金融規制改 革法(ドッド・フランク法)に基づき、世界のスワップ市場のリスクを 軽減し透明性の向上を目指す規則の策定を進めている。

原題:JPMorgan’s Blythe Masters Joins CFTC Markets Advisory Committee(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE