クレディ・スイス、オペレーションリスクが増加-当局審査で

クレディ・スイス・グループが訴訟 に関するリスク査定と資本ニーズ算定に採用しているモデルをスイスの 金融市場監督当局FINMAが審査した結果、同行のリスク加重資産が 増加した。

クレディ・スイスが昨年10-12月(第4四半期)決算報告で6日明 らかにしたところによると、オペレーションリスク加重資産は約60億ド ル(約6100億円)増えた。リスク加重資産の増加は資本基準を満たすた めの必要額を増大させる。

クレディ・スイスは2012年初めごろからオペレーションリスクの算 定モデルについてFINMAと協議している。これに伴いリスク加重資 産総額は11年末から約170億スイス・フラン(約1兆9300億円、47%に 相当)増え、531億フランとなっている。

原題:Credit Suisse Reports Rise in Operational Risk on Finma Review(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE