【クレジット市場】ANAリスクは一転下降か、政府施策で日航に逆風

7カ月ぶりの水準まで上昇している ANAホールディングスの社債保証コストは、今後沈静化する可能性が あるとBNPパリバ証券はみている。羽田空港の国際線発着枠拡大に伴 う国際線拡充に加え、赤字企業の繰越控除制度の縮小が報道通り実現し た場合、ライバル日本航空には逆風が吹くと考えられるからだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。