米社債保証コスト低下、失業保険申請件数の減少で-CDS

6日のクレジット・デフォルト・ス ワップ(CDS)市場では、米企業の社債保証コストが低下。先週の米 新規失業保険申請件数は3週間ぶりに前週比で減少した。

ブルームバーグの集計によれば、北米企業の信用リスクの指標であ るマークイットCDX北米投資適格指数のスプレッドは、ニューヨーク 時間午後5時3分(日本時間6日午前7時3分)現在、3.1ベーシスポ イント(bp、1bp=0.01%)低下の69.8bp。3日には約3カ月ぶ りの高水準となる74.5bpを付けていた。

キャボット・マネー・マネジメントの債券担当マネーマネジャー、 ウィリアム・ラーキン氏は電話インタビューで、「米国の経済指標は引 き続き順調だ」と指摘。「市場は7日の雇用統計の結果に大いに注目す るだろう」との見方を示した。

原題:Credit Swaps in U.S. Decrease; IBM Issues $4.5 Billion of Bonds(抜粋)

--取材協力:Sarika Gangar. Editors: Richard Bravo, Chapin Wright

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE