ブラジル株:ボベスパは上昇-商品相場高でヴァーレなど高い

6日のブラジル株式市場では指標の ボベスパ指数が反発し、昨年9月以来の大幅上昇。工業用金属や原油な ど商品相場高を背景に、鉄鉱石生産最大手のヴァーレをはじめとする資 源関連株が買われた。

ヴァーレは2.9%高と、ボベスパ指数の上げに最も寄与した。鉄鋼 メーカーのナシオナル製鉄(コンパニア・シデルルジカ・ナシオナル= CSN)は5.7%上昇し、1週間ぶりの高値。電力会社ライトは4.4%値 上がりし、4日ぶりに反発。ブラジル鉱業・エネルギー省のジマーマン 次官が6月から始まるサッカーのワールドカップ(W杯)大会開催期間 中、電力各社は必要な電力を供給できるとの見通しを示したことが手掛 かり。

ボベスパ指数は前日比2.4%高の47738.09で終了。指数を構成す る72銘柄のうち64銘柄が値上がりした。通貨レアルはサンパウロ時間午 後5時20分(日本時間7日午前4時20分)現在、0.9%高の1ドル =2.3802レアル。

ブラジルみずほ銀行のチーフストラテジスト、ルシアノ・ロスター ニョ氏は電話インタビューで、「国外の見通しが改善し、リスク回避は 後退している。株式相場を後押しする可能性がある」と指摘。「世界経 済の見通し改善は商品相場を支える。これはブラジル株式市場が上向く ためのよりどころの一つだ」と述べた。

原題:Ibovespa Rallies as Vale Advances Amid Increases in Commodities(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE