米ニューズ:10-12月利益、予想上回る-広告収入は減少続く

ウォールストリート・ジャーナル (WSJ)紙やニューヨーク・ポスト紙を発行する米メディア企業、ニ ューズ・コープの昨年10-12月(第2四半期)決算では、広告収入の減 少が続いたにもかかわらず、利益が市場予想を上回った。

10-12月期の一部項目を除く1株利益は31セントで、ブルームバー グがまとめたアナリストの予想平均(19セント)を上回った。売上高 は22億4000万ドルに減少。アナリストの予想平均は22億3000万ドルだっ た。

ロバート・トムソン最高経営責任者(CEO)は他の出版社と同 様、新聞事業のデジタル化に取り組んでいる。オンライン広告料は印刷 媒体の広告料を下回るため、収益性の維持が課題となっており、同社は 経費の抑制に努めてきた。

トムソンCEOは発表文で、「今回の決算では広告市場が厳しい状 況で一定の前進を遂げたことが示された」と述べ、「引き続き経費を抑 制しながら、収入源を広げる機会をもたらす投資を行う」方針を示し た。

決算発表後の時間外取引では、ニューズの株価は上昇。テレビ・映 画部門「21世紀フォックス」から分離され、出版事業中心となった昨年 6月以降では1.4%値上がりしている。

ブルームバーグ・ニュースの親会社ブルームバーグ・エル・ピー は、金融ニュースや情報サービスの提供でニューズ・コープと競合関係 にある。

原題:News Corp. Profit Tops Estimates Even as Advertising Sales Fall(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE