米KKR:10-12月期は利益倍増、予想上回る-含み益が増加

ヘンリー・クラビス、ジョージ・ロ バーツ両氏率いる米プライベートエクイティ(PE、未公開株式)投資 会社KKRの昨年10-12月(第4四半期)決算は利益が2倍以上に増加 した。ポートフォリオの価値上昇で含み益が出たほか、売却益が寄与し た。

6日発表によると、一部コストを除いたベースでの利益の指標であ る税引き後のエコノミック・ネット・インカム(純利益)は7億7360万 ドル(約790億円、1株当たり1.08ドル)と、前年同期の3億3700万ド ル(同48セント)を大きく上回った。ブルームバーグがまとめたアナリ スト14人の予想平均値は1株当たり89セントだった。

調査会社ディーロジックによると、KKRは2013年に最も活発だっ たPE投資会社で、34社に170億ドル以上を投資した。一方、10-12月 期には病院チェーンを展開するHCAホールディングスやフランスの床 材メーカー、タルケットなどの株式を売却したほか、2007年に買収した 小売業者ダラー・ゼネラルの株式の残りを処分した。ダラー・ゼネラル への投資は4.5倍強のリターンをもたらし、同社にとって屈指の高収益 を上げた投資となった。

同社によると、PEポートフォリオの価値は10-12月期に8.4%増 加し、前年同期の4%増を上回る伸びだった。

原題:KKR Fourth-Quarter Profit More Than Doubles as Holdings Gain (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE