パナマ運河、拡張遅れるリスク-追加コスト負担めぐり協議決裂

パナマ運河の拡張が遅れるリスクが 浮上してきた。総工費が52億5000万ドル(約5330億円)に膨らむことへ の補償をめぐり、拡張工事を請け負った企業側とパナマ当局の協議が物 別れに終わったためだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。