フィリピン中銀、政策金利を過去最低に据え置き-10会合連続

フィリピン中央銀行は6日、政策金 利の据え置きを決めた。インフレは加速しているものの、経済成長押し 上げのため、10会合連続で主要政策金利を過去最低水準に維持した。

中銀は声明で翌日物預金金利を3.5%に据え置くと発表。ブルーム バーグ・ニュースがまとめたエコノミスト調査で、17人中16人が予想し ていた通りだった。1人は3.75%への利上げを見込んでいた。

原題:Philippines Holds Rate at Record Low as Inflation Pressures Rise(抜粋)

--取材協力:Cecilia Yap、Clarissa Batino、Norman P. Aquino. Editors: Rina Chandran, Shamim Adam

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE