独ダイムラー:13年10~12月は45%増益-メルセデスが好調

世界3位の高級車メーカー、ドイツ のダイムラーの2013年10-12月(第4四半期)決算は、45%増益となっ た。メルセデス・ベンツ部門の新型クーペ「CLA」やモデルチェンジ したセダン「Sクラス」が好調だった。

ダイムラーの6日発表によれば、継続事業ベースの利払い・税引き 前利益(EBIT)は25億3000万ユーロ(約3470億円)と、前年同期 の17億4000万ユーロから増えた。ブルームバーグがアナリスト15人を対 象にまとめた調査の平均値では23億7000万ユーロと見込まれていた。売 上高は7.6%増の321億ユーロ。

今年の継続事業ベースの営業利益については、「著しく」増えると の見通しを示した。年内導入予定の小型のスポーツ型多目的車 (SUV)「GLA」と改良したセダン「Cクラス」の需要に期待して いる。ディーター・ツェッチェ最高経営責任者(CEO)の下、ダイム ラーは20年までに高級車市場でシェアトップの座挽回を目指している。 同社は05年にBMWに首位を奪われ、11年にはアウディに次ぐ3位に後 退した。

原題:Daimler Profit Gains 45% on Mercedes CLA, S-Class Deliveries (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE