新興市場株が反発、米失業申請件数が市場予想下回る

6日の新興市場株はこの2カ月で最 大の上昇となった。この日発表された先週の米新規失業保険申請件数が 市場予想を下回り、世界経済の成長に対する楽観的な見方が強まった。 トルコ株が上げを主導した。

MSCI新興市場指数はニューヨーク時間6日午後1時21分(日本 時間7日午前3時21分)現在、1.5%高の929.93と4日ぶりに反発。ト ルコ株の指標、イスタンブール100指数は3.4%上昇。同国中銀が先月政 策金利を約2倍に引き上げたことを受け国内銀の預金金利が上昇し、ト ルコ・リラも上げた。ブラジル株の指標、ボベスパ指数はヴァーレなど 資源株が買われ、2.8%上昇している。香港株は6カ月ぶり安値から反 発。カジノやエネルギー生産関連の銘柄が高い。

雇用主が需要に対応するため従業員のつなぎ留めに努めたことか ら、先週の米新規失業保険申請件数は3週間ぶりに前週比で減少。雇用 ペースや賃金の伸びが加速すれば、世界最大の米経済の約70%を占める 個人消費の一段の拡大が期待される。

原題:Emerging-Market Stocks Rise on U.S. as Turkey Leads World Gains(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE