クレディS:10-12月利益は市場予想に届かず-引当金響く

スイス2位の銀行、クレディ・スイ ス・グループの昨年10-12月(第4四半期)決算では、利益が市場予想 を下回った。米国人の脱税ほう助をめぐる問題や住宅ローン訴訟に備え る引当金計上が影響した。

6日の発表資料によると純利益は2億6700万スイス・フラン (約300億円)。前年同期の2億6300万スイス・フランを上回ったが、 ブルームバーグがまとめたアナリスト12人の予想平均(3億9800万スイ ス・フラン)には届かなかった。

クレディ・スイスは、米国人顧客向けの国境を越えたプライベート バンキング(PB)サービスを対象とする米証券取引委員会(SEC) の調査や住宅ローン関連訴訟に備える引当金を5億1400万スイス・フラ ン計上した。2011年7-9月(第3四半期)の段階で、米国での税の問 題に関係する2億9500万スイス・フランの引当金を積んでいた。

同行はまた、13年分の配当を1株当たり0.7スイス・フランの現金 で支払うことを提案した。過去2年間は資本積み増しのため、配当の一 部を株式で支払ってきた。

投資銀行部門の10-12月期の税引き前損益は4000万スイス・フラン の赤字だった。住宅ローンをめぐる訴訟に関連して3億3900万スイス・ フランの引当金を計上した。前年同期の損益は2億9800万スイス・フラ ンの黒字だった。

PB・ウェルスマネジメント部門の税引き前利益は前年同期 比4.5%減の8億7000万スイス・フラン。SEC調査に関して1億7500 万スイス・フランの引当金を積んだ。

原題:Credit Suisse Profit Misses Estimates on Legal Provisions (1)(抜粋)

--取材協力:Giles Broom. Editors: Mark Bentley, Frank Connelly

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE