円高・ウォン安に過熱感、反転示唆のシグナルも-経常収支は韓国優位

新興国不安を背景に進んだ円高・ウ ォン安が反転する可能性が出てきている。テクニカル指標は相場過熱の 兆しを示唆しており、経常収支など日韓のファンダメンタルズ(経済の 基礎的諸条件)格差から、いずれ円安・ウォン高基調に戻るとみるアナ リストが多い。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。