GPIFの国債投資に「大きなリスク」、早急に新基準を-内海氏

年金積立金管理運用独立行政法人( GPIF)が国債中心の資産運用を続けると、将来の年金収入を歴史的 な低水準で固定し、国民に機会損失をもたらす恐れがある-。内海孚元 財務官は、世界最大の年金基金の運用方針を早急に見直す必要があると 説く。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。