三菱自:「経営の継続性重視」で新体制移行ーブランド再構築

今年6月で新経営体制に移行するこ とを発表した三菱自動車の益子修社長は、会長になると同時に新設の最 高経営責任者(CEO)に就任、引き続き経営の陣頭指揮を執る。リコ ール問題で揺れた同社の経営再建に手腕を発揮しており、「経営の継続 性」を重視する投資家からの要望であったことを明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。