安倍政権:戦後の安保政策を転換-集団的自衛権の行使容認を模索

安倍晋三首相は歴代政権が憲法9条 との関係で許されないとしてきた集団的自衛権の行使を容認するための 憲法解釈変更を模索している。第2次世界大戦後の日本の安全保障政策 を転換し、日米同盟の強化を図るもので、中国との緊張関係が高まって いることも議論を後押ししている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。