米アトランタ連銀総裁:FOMCは6.5%の失業率目安を修正も

米アトランタ連銀のロックハート総 裁は、連邦公開市場委員会(FOMC)が利上げ検討の目安とする失業 率の水準を修正する可能性があるとの認識を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。