今年は3%成長へ、緩和縮小の加速を正当化-プロッサー総裁

米フィラデルフィア連銀のプロッサ ー総裁は、2014年の経済成長について3%を見込んでいるとし、失業率 が年末までに6.2%に低下するのに伴い、債券購入の縮小ペースを速め ることが正当化されると述べた。同総裁は今年の連邦公開市場委員会 (FOMC)で投票権を持つ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。