JPモルガン、商品部門売却でマーキュリアと交渉中-関係者

米銀JPモルガン・チェースは現物 商品部門の売却でスイスのマーキュリア・エナジー・グループと独占交 渉に入った。事情について説明を受けた関係者2人が明らかにした。 JPモルガンは5年前に金属や石油など現物の保有や保管業務を始めた が撤退を模索している。

交渉が非公開だとして匿名を条件に述べた関係者の1人は、マッコ ーリー・グループやブラックストーン・グループも買収に名乗りを上げ たが、マーキュリアの提示額には及ばなかったと述べた。同関係者によ ると、JPモルガンの商品事業責任者であるブライス・マスターズ氏が 今回の部門売却の一環でマーキュリアに移籍する可能性は低い。

マーキュリアとJPモルガン、ブラックストーン、マッコーリーの 広報担当者はいずれもコメントを避けた。ロイター通信がこの日、独占 交渉を報じていた。

関係者の1人はJPモルガンの商品部門買収により、マーキュリア の年間純利益は1億5000万-2億ドル押し上げられる可能性があると述 べた。

原題:JPMorgan Said to Pick Mercuria for Final Talks on Commodity Sale(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE