香港株:ハンセン指数、昨年7月以来の安値-カジノ銘柄安い

香港株式相場は下落。ハンセン指数 が昨年7月以来の安値となった。マカオのカジノ収入の伸び鈍化が示さ れたことで関連銘柄が売られたほか、不動産開発株も下げた。

カジノ運営のギャラクシー・エンターテインメント・グループ(銀 河娯楽集団、27 HK)は7.3%安。同業のサンズ・チャイナ(1928 HK) は7.5%安。公式統計によれば、マカオの1月のカジノ収入は7%増 と、2012年10月以来の低い伸びにとどまった。

ハンセン不動産株指数は8営業日続落。資産家の李嘉誠氏が率いる 不動産開発会社チョンコン・ホールディングス(長江実業集団、1 HK) は1.5%下落し、昨年9月以来の安値となった。

ハンセン指数は前日比128.39ポイント(0.6%)安の21269.38で引 けた。ハンセン中国企業株(H株)指数は同0.4%安の9470.62。

UOBケイ・ヒアン・ホールディングスの法人セールスディレクタ ー、梁偉源氏は「マカオのカジノ収入の伸びは予想を大きく下回った。 これが一時的なものであれば、それほど大きな問題にはならないだろう が、そうでなければ業界全体の投資判断引き下げリスクが浮上する」と 述べた。

原題:Hong Kong Stocks Drop as Casinos Sink on Macau Gambling Slowdown(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE