三菱地所:純利益が通期目標到達、販売中止の影響軽微で予想据え置き

国内不動産で時価総額首位の三菱地 所が発表した4-12月期連結決算は、純利益が前年同期比73%増の585 億円となり、今期(2014年3月期)目標の580億円を早くも達成した。 金利の先高観などでマンション販売が好調なうえ、オフィスビルも空室 率が改善し、賃料に底打ち感が出てきた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。