米バブソン大卒の起業家、アンゴラの「危険神話」に挑む

アレックス・トムソンペイヤン氏 は2007年、米バブソン大学(ボストン)の経営学の学位と、スイス人と 米国人の友人たちから調達した20万ドル(現在のレートで約2000万円) の資金を携えてアンゴラに到着した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。