【個別銘柄】トヨタやパナソニク、三井物が急伸、テルモと旭化成安い

きょうの日本株市場で、株価変動材 料があった銘柄の終値は以下の通り。

トヨタ自動車(7203):前日比6%高の5830円。2014年3月期の連 結営業利益が従来予想の2兆2000億円を上回り、前期比82%増の2 兆4000億円になる見通し、と4日発表した。三菱UFJモルガン・スタ ンレー証券の松島憲之リサーチアドバイザーはリポートで、決算内容に サプライズはないとしたが、トヨタは保守的な予想を出す習性があるた め会社予想を上回る可能性は高い、と指摘。またクレディ・スイス証券 では、為替前提や原価低減の前提などが保守的で上振れ余地は十分に残 る、と分析した。

パナソニック(6752):19%高の1262円。13年10-12月期の連結営 業利益は1166億円と、アナリスト予想平均の766億円を上回った。モル ガン・スタンレーMUFG証券の小野雅弘アナリストは4日付リポート で、第3四半期営業利益は市場コンセンサスを大幅に上回るポジティブ サプライズだとしたほか、第4四半期の前提が保守的との印象で年度予 想の市場コンセンサス期待値が上昇すると思われる、と述べた。

日立製作所(6501):2.8%高の770円。14年3月期の連結営業利益 は従来予想の5000億円を上回り、前期比21%増の5100億円と、23年ぶり に最高益を更新する見通し、と4日発表した。インフラや自動車などの 関連事業が好調に推移。円安や構造改革によるコスト削減策も奏功し た。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、リスクが顕在化しなけ ればさらに上振れ余地がある、と指摘。同証の営業利益予想は5350億円 としている。

ソニー(6758):4.6%高の1600円。国内のパソコン事業を投資フ ァンドの日本産業パートナーズに売却する方向で検討を進めている。事 情に詳しい関係者1人が明らかにした。公表前であることを理由に匿名 を条件に関係者が語ったところによると、最終合意には至っていない が、早ければ6日にも基本合意について発表する可能性があるという。 売却価格は400億-500億円との見方もあると日本経済新聞が5日付の朝 刊で伝えていた。

NTTデータ(9613):9.6%高の3775円。野村証券が4日付で、 目標株価を3400円から3700円に引き上げた。投資判断は「中立」で継 続。13年10-12月期の連結営業利益は前年同期比23%増の231億円と、 想定以上にコスト削減が奏功して同証予想や市場コンセンサスを大幅に 上回った、と指摘した。同証予想は据え置くが、会社計画の達成確度は 高まったとしている。14年3月期通期の会社計画は600億円。

大日本スクリーン製造(7735):10%高の505円。14年3月期の連 結営業利益は従来予想の78億円を上回り、90億円になる見通し、と4日 発表した。半導体製造装置の好調な受注状況を勘案した。前期実績は69 億8600万円の赤字。ブルームバーグ・データによると、アナリスト15人 の事前の同予想値の平均は82億円だった。三菱UFJモルガン・スタン レー証券では、10-12月期の半導体製造装置の受注が451億円と同証予 想の400億円を上回り若干ポジティブ、と指摘。

古河機械金属(5715):5%高の189円。14年3月期の連結営業利 益計画を従来の57億円から、前期比78%増の60億円に引き上げる、と5 日午後2時に発表した。銅価格と為替レートの前提を変更、金属部門は 円安の影響などで増収増益になる見通し。

三井物産(8031):7.2%高の1409円。5日午後1時半発表の4 -12月期の連結純利益は前年同期比19%増の3019億円だった。14年3月 期通期の計画は前期比20%増の3700億円で据え置き。同時に、発行済み 株式総数の2.2%、金額で500億円を上限に6日から自社株買いを実施す るとの方針も公表した。

三菱地所(8802):2.8%高の2481円。4-12月期の連結純利益は 前年同期比73%増の585億円だった、と5日午後1時に発表。9カ月間 の純利益は、据え置いた14年3月期通期の計画(前期比28%増の580億 円)を上回った。

テルモ(4543):2.8%安の4380円。4-12月期の連結営業利益は 前年同期比13%増の483億円だった、と4日に発表した。14年3月期通 期の計画700億円に対する進ちょく率は69%。野村証券は、ホスピタル 事業の軟調や米子会社の費用などを勘案し、今期営業利益予想を680億 円から650億円に下方修正した。

旭化成(3407):3.5%安の713円。14年3月期の連結営業利益は従 来予想の1450億円を下回り、1400億円(前期比52%増)になる見通し、 と5日午後1時半に発表した。原燃料価格の高騰による影響を受ける 「ケミカル」や需要落ち込みが予想される「エレクトロニクス」が減収 減益になることが響くという。アナリスト19人の事前予想平均は1461億 円だった。

日本水産(1332):6%高の212円。5日午前11時半発表の4-12 月期決算によると、連結営業利益は前年同期比54%増の117億円だっ た。水産、食品、ファインの3事業の伸びがけん引した。14年3月期通 期の営業利益見通しは前期比2.2倍の125億円で据え置き。

ジーエス・ユアサ コーポレーション(6674):8.4%高の541円。 4日発表の4-12月期の連結営業利益は前年同期比51%増の98億円だっ た、と4日発表した。SMBC日興証券では、10-12月営業益は60億円 と、同証予想の54億円を上回りポジティブな印象、と評価。リチウムイ オン電池事業の赤字幅は前四半期比で半減、収益改善が着実に進んでい る点は好印象とした。

クラレ(3405):きょう午後1時の決算発表後に下落転換 し、1.7%安の1090円で終えた。14年3月期の連結営業利益は従来予想 を50億円下回り、前期比1.6%増の500億円になる見通し。光学用ポバー ルフィルムの減益、欧州のPVBフィルム市場の伸び悩みなど勘案した という。アナリスト13人の予想平均は537億円だった。

メガチップス(6875):5.7%安の1193円。ドイツ証券が4日付 で、投資判断を「買い」から「ホールド」に、目標株価を2300円か ら1600円に引き下げた。任天堂のゲーム機「3DS」や「Wii-U」 向けの減収やDSLR(デジタル一眼レフカメラ)向けの伸び悩みを液 晶・通信向けなどの伸びでカバーできず、来期いっぱい業績は踊り場を 想定する、とリポートで説明。14年3月期の営業利益予想を44億円か ら35億円に減額した。

パラマウントベッドホールディングス(7817):6.2%安の2996 円。4-12月期の連結営業利益は前年同期比19%減の61億円だった、と 4日に発表した。14年3月期通期の営業利益計画は前期比8.5%増の122 億円を維持、第3四半期までの進ちょく率は約50%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE