H10N8型鳥インフル、H5N1型と同じ病原体から発生

中国で2人が感染し、そのうち1人 が死亡したH10N8型の鳥インフルエンザウイルスは、別の2つの型と 同じ病原体から発生したことが研究で明らかになった。

5日付の英医学誌ランセットに掲載された中国疾病予防控制センタ ーの舒躍竜氏を中心とする研究者の論文によると、人への感染が最近初 めて報告されたH10N8型ウイルス株には、H9N2型の8つの遺伝子 のうち6つが含まれている。H9N2型ウイルス遺伝子は、2003年 に386人が死亡したH5N1型ウイルスのほか、少なくとも70人が死亡 したH7N9型ウイルスの遺伝的基盤となっている。

舒氏らは論文で「この新型ウイルスが世界的に流行する可能性を過 小評価すべきではない」と指摘。「H10N8型鳥インフルエンザが流行 するかどうか予想はできないが、人への脅威となり得ることをわれわれ の研究結果は示している」と記した。

原題:Deadly New Bird Flu Strain Spawned by Same Virus That Gave H5N1(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE