三井物が初の自社株買いへ、「資金創出力など総合判断」

三井物産は5日、同社としては初と なる自社株買いを実施すると発表した。発行済み株式総数の2.2%に当 たる4000万株、金額で500億円を上限とする。6日から3月24日までの 間、東京証券取引所での市場買い付けによって取得する。取得した自社 株はすべて消却する方針。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。