米上院:農業法案を可決-食料援助削減めぐる論争に終止符

米上院本会議は4日、今後5年間の 米農業政策を定めた農業法案を可決し、オバマ大統領に送付した。農産 物補助金や食料援助のカットを盛り込んだ同法案をめぐっては議会で激 しい論争が展開されていた。

民主党が主導権を握る上院はこの日、賛成68、反対32で農業法案を 可決。同法案は先週、共和党が多数を占める下院を通過していた。オバ マ大統領は農業法案に署名する方針を示している。同法案では、年間50 億ドル(約5100億円)に達する農家への直接支払いを廃止し、保険を農 業支援の主軸に据える。

米議会予算局(CBO)によると、農業法案に基づく10年間の農業 支出は9564億ドルと、現行より166億ドルより少なくなる。同法案は農 家支援と食糧援助に批判的な共和党よりも、支援維持を唱える勢力の意 向をくんだ形となった。今の議会で超党派による重要法案可決は昨年12 月の予算案、先月の包括的歳出法案の承認に続き今回で3回目。

食料援助全体では80億ドルの削減となるが、これは下院共和党が求 めていた400億ドルの2割にすぎない。

農業委員会のスタッフによると、先に合意した予算案に関連する自 動歳出削減を考慮した場合で、農業法案による10年間の支出抑制は230 億ドルと、CBOの試算を上回る見通し。

原題:Congress Passes Farm Bill to End Fight Over U.S. Food Stamps (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE