米上院:農業法案を可決-食料援助削減めぐる論争に終止符

米上院本会議は4日、今後5年間の 米農業政策を定めた農業法案を可決し、オバマ大統領に送付した。農産 物補助金や食料援助のカットを盛り込んだ同法案をめぐっては議会で激 しい論争が展開されていた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。