NY原油先物時間外:続伸-寒波で留出油在庫減少観測

ニューヨーク原油先物相場は5日の 時間外取引で続伸。寒波で留出油の在庫が減少したとの観測が材料にな っている。

原油先物相場は一時、0.7%上昇。米エネルギー情報局(EIA) が5日に発表する先週のヒーティングオイル(暖房油)とディーゼル油 を含む留出油在庫は、ブルームバーグ・ニュースの調査によると250万 バレル減少したと予想されている。米石油協会(API)が4日に発表 した先週の留出油在庫は146万バレル減少した。吹雪の第二波が今週、 米北東部に移動している。

オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)の商品調査担当 責任者、マーク・パーバン氏は5日の文書で「米国の寒冷な天候に支援 されて留出油需要は堅調な状態が続くだろう。留出油在庫は一段と減少 すると予想される」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物3月限は一 時、69セント高の1バレル当たり97.88ドルを付けた。シドニー時間午 前10時34分(日本時間同8時34分)現在、97.82ドルで推移。前日の通 常取引は0.8%高の97.19ドルで引けた。全限月の取引高は100日平均を 約56%下回った。

原題:WTI Gains a Second Day Amid Speculation Distillate Supplies Fell(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE