PIMCOは経営組織の刷新でより強くなる-グロース氏

債券運用世界最大手の米パシフィッ ク・インベストメント・マネジメント(PIMCO)の共同創業者、ビ ル・グロース氏は4日、モハメド・エラリアン最高経営責任者 (CEO)の辞意表明に伴う経営組織の見直しで、同社は以前より強力 な体制になったと指摘した。

グロース氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、 「PIMCOは1カ月前よりも良くなったと私は考えており、それは重 要な発表だ」と語った。

グロース氏と共同で最高投資責任者(CIO)を務め、同氏から主 要ファンドの運用を引き継ぐと考えられていたエラリアン氏の辞意表明 を受けて、PIMCOは先週、投資分野の人材の幅と厚みを重視して6 人の副CIOを指名した。金利上昇でリターンが抑制されると考える投 資家が伝統的な債券を敬遠する中で、エラリアン氏は退任する。グロー ス氏の「PIMCOトータル・リターン・ファンド」は昨年、過去最大 の資金流出を記録した。

エラリアン氏を何とか慰留しようとしたと述べてきたグロース氏は 4日、エラリアン氏が退社を決めたことに驚き、失望したとあらためて 発言。「後継者を見つける仕事は果たしたと考えていたが、もちろんそ うではなかった。PIMCOはそれでも前進している」と語った。

原題:Gross Says Pimco Better After Changes Made on El-Erian Exit (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE