NY銅先物:10営業日ぶり上昇-ドル下落で商品の魅力高まる

4日の銅先物相場は10営業日ぶりに 上昇。前日までは9営業日続落と、18年ぶりの長期下落局面となってい た。ドル相場の下落により商品の投資魅力が高まった。

ドルは主要10通貨のバスケットに対して続落。一部の新興国通貨が 上昇した。24種類の商品から成るS&P・GSCIスポット指数はこの ままいけば1週間ぶりの大幅高となる。

ロング・リーフ・トレーディング・グループ(シカゴ)のシニア市 場ストラテジスト、ブライアン・ブース氏は電話取材で、「相場下落の 主な原因は中国指標の悪化とドル高だった」と指摘。「きょうの上昇は ドル安が原因の可能性がある。テクニカルな反発でもある」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物 3月限終値は、前日比0.3%高の1ポンド=3.192ドル。前日までは9営 業日続落と、1995年12月以来の長期下落となっていた。

原題:Copper Rises, Snapping Longest Slump Since 1995, as Dollar Drops(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE