米下院指導部は無条件の債務上限上げ否定せず-共和党関係者

米下院共和党指導部は議員が連邦債 務の法定上限引き上げの交換条件で合意できない場合、デフォルト(債 務不履行)回避の最後の手段として、無条件の債務上限引き上げの可能 性を否定していない。同党関係者が4日、匿名を条件に明らかにした。

共和党議員数人はこの日、債務上限の引き上げに関して、医療保険 制度改革法の一部撤回などの政策変更を条件とすることで十分な賛成を 得られていないと語った。

スティーブ・キング下院議員(アイオワ州)とティーパーティー (茶会党)系のジャスティン・アマシュ下院議員(ミシガン州)はイン タビューで、無条件の債務上限引き上げ法案に賛成しないが、指導部が 同案の下院通過を目指すのを妨げないと発言。キング議員は約30人の他 の共和党議員も同じ立場だと述べた。

米国では昨年10月に債務上限の適用を2月7日まで一時的に停止す る法律が成立。ルー米財務長官は政府の支払い能力は月内に尽きると述 べ、議会に対し債務上限引き上げで迅速に行動するよう求めている。

原題:House Leaders Said to Not Rule Out Clean Debt-Limit Increase (1)(抜粋)

--取材協力:Alex Wayne. Editors: Jodi Schneider, Laurie Asseo

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE