米下院指導部は無条件の債務上限上げ否定せず-共和党関係者

米下院共和党指導部は議員が連邦債 務の法定上限引き上げの交換条件で合意できない場合、デフォルト(債 務不履行)回避の最後の手段として、無条件の債務上限引き上げの可能 性を否定していない。同党関係者が4日、匿名を条件に明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。