NY原油(4日):反発、留出油在庫の減少予想で-97.19ドル

ニューヨーク原油先物相場は反発、 3日ぶりに上昇した。寒さの影響で先週分の留出油の在庫が減少したと の観測が広がったほか、米国株の上昇が寄与した。

アイアイトレーダー・ドット・コムの市場担当シニアストラテジス ト、ビル・バルーク氏(シカゴ在勤)は「投資家は留出油の在庫に注目 している」と述べ、「確実にそれが主な関心事項になるだろう。株式相 場は安値から抜け出しつつあり、それが原油価格を押し上げている」と 続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物3月限は前日 比76セント(0.8%)高の1バレル=97.19ドルで終えた。

原題:WTI Crude Advances on Expected Decline in Distillate Supplies(抜粋)

--取材協力:Mark Shenk. Editors: Dan Stets, Bill Banker

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE