NY金:反落、逃避需要が減退-新興国市場の落ち着きで

ニューヨーク金先物相場は反落。過 去4営業日で3度目の下落となった。新興国通貨の持ち直しを背景に、 代替投資の金買いが後退した。この日は南アフリカ・ランドやトルコ・ リラが対ドルで上昇した。

インテグレーテッド・ブローカレッジ・サービシズ(シカゴ)のヘ ッドディーラー、フランク・マギー氏は電話インタビューで、「きょう は安定の兆しがやや出てきている」と指摘。「金の上昇は勢いがなくな りつつあるようだ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物4 月限は前日比0.7%安の1オンス=1251.20ドルで終了した。

原題:Gold Declines Third Time in Four Days as Haven Demand Wanes(抜粋)

--取材協力:Phoebe Sedgman、Glenys Sim、Nicholas Larkin、Luzi Ann Javier. Editors: Joe Richter, Millie Munshi

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE