欧州マーケットサマリー:独国債利回り、一時6カ月ぶり低水準

欧州の為替・株式・債券・商品相 場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.3520   1.3525
ドル/円            101.64   100.98
ユーロ/円          137.41   136.57


株              終値   前営業日比 変化率
ダウ欧州株600  317.58     -.63      -.2%
英FT100     6,449.27   -16.39     -.3%
独DAX      9,127.91   -58.61     -.6%
仏CAC40    4,117.45    +9.70     +.2%


債券          直近利回り 前営業日比
独国債2年物      .08%        +.00
独国債10年物     1.65%       +.01
英国債10年物     2.70%       +.01


商品                  直近値   前営業日比 変化率
金   現物午後値決め  1,250.25    -11.75    -.94%
原油 北海ブレント        105.85      -.19     -.18%

◎欧州株:ストックス600、ほぼ変わらず-銀行株が上昇、通信株下落

4日の欧州株式相場は一時下げたが、結局は前日比ほぼ変わらずで 終了した。銀行株が上げた一方、電気通信銘柄が売られた。

スイスの銀行UBSは5.4%上昇。昨年10-12月(第4四半期)利 益がアナリスト予想を上回った。一方、オランダの電話会社ロイヤル KPNは4.8%下げた。携帯電話料金をめぐる競争が業績に影響を及ぼ しているため、人員削減を行う方針を示した。デンマークの風力発電用 タービンメーカー、ベスタス・ウィンド・システムズは4.8%安。増資 計画が嫌気された。

ストックス欧州600指数は前日比0.2%安の317.58で終了。一時 は0.8%安となった。終値ベースでの6年ぶり高値を付けた先月22日以 降では5.5%下げている。

クオニアム・アセット・マネジメント(フランクフルト)で株取引 に携わるソーレン・シュタイネルト氏は電話インタビューで、「欧州で はまだ力強い回復が見られない」とし、「世界の市場では前日の下げ分 を取り戻すには程遠く、資金を新たに投じようとする動きもあまりな い。世界経済が期待されていたほど強いかどうかは不透明感が引き続き 高い」と語った。

ブルームバーグがまとめたデータによれば、世界の株式市場では前 日、時価総額にして約8640億ドルが消失した。年初来では約2兆9000億 ドルが失われている。

4日の西欧市場では独DAX指数が0.6%、英FTSE100指数 が0.3%それぞれ下げた。一方、仏CAC40指数は0.2%高となった。

原題:European Stocks Are Little Changed; Vestas Declines as UBS Jumps(抜粋)

◎欧州債:ドイツ債利回り、一時6カ月ぶり低水準-ECBめぐる観測で

4日の欧州債市場ではドイツ10年債利回りが一時、6カ月ぶりの低 水準まで下げた。インフレ率低下を背景に、欧州中央銀行(ECB)が 6日の定例政策委員会で追加措置を講じるとの観測が高まった。

ただ、欧州株が下げを消し新興市場通貨が上昇すると、独10年債相 場は値上がり分を解消した。この日発表された昨年12月の米製造業受注 額は前月比1.5%減少。オーストリアの5年債入札で平均落札利回りが 過去最低を記録したほか、ギリシャの証券入札では落札利回りが2010年 以来の低水準となった。イタリア2年債利回りはこれまでの最低水準を 付ける場面があった。

クレディ・アグリコルCIBの債券ストラテジスト、オーランド・ グリーン氏(ロンドン在勤)は「国債にとってプラスの環境だ」とし、 「特に米国の経済データはそれほど芳しくなく、これが世界の他の地域 に影響を及ぼすだろう。ECBが木曜日に何らかの措置を講じる可能性 もある」と語った。

ロンドン時間午後4時48分現在、ドイツ10年債利回りは前日比ほぼ 変わらずの1.65%。一時は1.63%まで下げ、昨年8月5日以来の低水準 となった。同国債(表面利率1.75%、2024年2月償還)価格は100.93。

イタリア2年債利回りは一時、4ベーシスポイント(bp、1bp =0.01%)低下し0.85%となった。これはブルームバーグが集計を開始 した1993年以降の最低。同年限のスペイン国債利回りはほぼ変わらず の0.94%。

英国債相場は5営業日ぶりに下落。1月の英建設業の経済活動ペー スが予想に反して拡大したことが手掛かり。

ロンドン時間午後4時58分現在、英10年債利回りは前日比1bp上 昇し2.70%。昨年11月8日以来の低水準となる2.68%まで下げる場面も あった。同国債(表面利率2.25%、2023年9月償還)価格は0.1下 げ96.21。

英マークイット・エコノミクスの発表によれば、英建設業景気指数 は64.6と、前月の62.1から上昇。ブルームバーグがまとめたアナリスト の予想中央値は61.5だった。同指数は50が活動拡大・縮小の分かれ目。

原題:German Yields Fall to Six-Month Low on ECB Stimulus Speculation(抜粋) Gilts Decline for First Time in Five Days as Construction Jumps (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE