米リッチモンド連銀総裁:株安は金融緩和の縮小を阻止せず

米リッチモンド連銀のラッカー総裁 は、世界的に株価が下落しているものの、米金融当局が債券購入の追加 縮小をやめることは恐らくないとの認識を示した。

総裁は4日、バージニア州ウィンチェスターでの講演後、記者団に 対し「段階的縮小の休止へのハードルは依然としてかなり高いはずだ」 とし、「当局は資産購入プログラムを労働市場環境の見通しの顕著な改 善と関連付けており、それは確実に起きている」と述べた。ラッカー総 裁は今年の連邦公開市場委員会(FOMC)で投票権を持たない。

株式相場の下落については「現時点で労働市場環境の見通しに大き く影響してはいない」と指摘した。

原題:Lacker Says Stock Declines Probably Won’t Derail QE Tapering(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE