英銀ロイズ、シニア為替トレーダーを停職に-関係者

英銀ロイズ・バンキング・グループ が為替相場操作をめぐる内部調査を進める中、シニア外為トレーダー1 人を停職にしたと、事情に詳しい関係者が明らかにした。

関係者が匿名を条件に述べたところによると、同行に在籍約9年の マーティン・チャントリー氏が4日、停職となった。ロイズは発表文で 「行員個人についてコメントしないのが当行の方針だ」と言明した。チ ャントリー氏に電子メールと電話でコメントを求めたが応答はない。

英金融行動監視機構(FCA)が為替市場操作の疑いについての正 式調査を開始して以降、ロイズが停職にしたのはチャントリー氏が初め て。これで、同問題に絡み停職や休職になったり解雇された為替トレー ダーの数は少なくとも18人となった。チャントリー氏を含め、当局から 不正行為を問われているトレーダーや銀行はない。

FCAがロイズに為替トレーディング業務に関する調査を要請し、 不正があれば報告するよう求めたと、事情に詳しい関係者が昨年11月に 述べていた。

原題:Lloyds Said to Suspend Senior Currency Trader Amid Investigation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE