トルコ・リラが1週間で最大の上昇、中銀が流動性供給絞る

4日の外国為替市場でトルコ・リラ はドルに対して1週間で最大の上昇となっている。中央銀行が銀行への 資金供給を絞った。

イスタンブール時間午後5時48分現在、リラは対ドルで1.3%高の 1ドル=2.2543リラ。上昇は終値ベースで1月28日以来で最大。年初来 の下落率は4.7%に縮小した。2年債利回りは21ベーシスポイント(b p、1bp=0.01%)低下し10.83%と1月23日以来の最低。

中銀は4日、1週間物レポを通じ10億リラを供給。インフレにつな がるリラ安に歯止めをかけようとする中銀は供給額をここ6日で最少と した。1月28日遅くの緊急会合では政策金利の1週間物レポ金利を10% と従来の4.5%から引き上げることを決定。29日の銀行の調達コスト は9.26%と、2012年6月以来の高水準となった。

HSBCアセット・マネジメントのストラテジスト、アリ・カキロ グル氏は、流動性の引き締めがリラを「ある程度」支えたと指摘した。

この日は南アフリカ・ランドとメキシコ・ペソもドルに対し1%以 上上昇した。

原題:Lira Climbs Most in Week as Central Bank Restricts Repo Funding(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE