独連立政権、金融取引税で後退か-株式への課税受け入れの構え

メルケル首相率いるドイツの連立政 権は、欧州連合(EU)が進める金融取引税導入に向けた最初の一歩と して、株取引への課税を受け入れる構えだ。EUは全ての金融取引への 課税を計画しているが、反対意見も多い。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。