元PIMCOファンドマネジャーのサイドナー氏:GMO入社へ

米パシフィック・インベストメン ト・マネジメント(PIMCO)の元ジェネラリスト・ファンドマネジ ャー、マーク・サイドナー氏が米資産運用会社グランサム・マヨ・バ ン・オッタールー(GMO)への入社を決めた。サイドナー氏は PIMCOのモハメド・エラリアン最高経営責任者(CEO)が辞任を 発表したことに伴う社内の幹部刷新に際し同社を退社している。

GMOが電子メールで3日発表した資料によると、サイドナー氏は パートナーとして入社し、3月4日から職務を開始する。PIMCOで 投資委員会のメンバーだった同氏はGMOで債券事業を統括する。 GMOのウェブサイトによると、同社の債券運用資産は120億ドル(約 1兆2100億円)。債券事業のトップだったトム・クーパー氏は引き続き 新興市場債戦略の責任者を務める。

GMOはチーフ投資ストラテジストのジェレミー・グランサム氏が 弱気な立場を取ることで知られる。同氏は2000年、その後の10年間に米 国株が下落することを言い当てたほか、07年7月には、クレジット市場 の落ち込みで世界的な大手銀行1行が破綻すると予想した。サイドナー 氏はPIMCO入社前にハーバード大学の寄付基金でエラリアン氏の同 僚だった。PIMCOが6人の副最高投資責任者(CIO)を指名した ことに伴いサイドナー氏は先週退社した。

原題:Ex-Pimco’s Seidner Joins Grantham Mayo as Head of Fixed Income(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE