香港株:ハンセン指数、調整局面入り-米中の経済統計を嫌気

香港株式相場は続落。ハンセン指数 が昨年12月の高値から11%下げ、調整局面入りとされる下落率10%を超 えた。米国や中国の製造業活動を示す指標が市場予想を下回ったこと で、世界の株式相場の下げが一段ときつくなっている。

世界最大のパソコンメーカー、中国のレノボ・グループ(聯想集 団、992 HK)は16%安。同社株の投資判断を少なくとも5つの金融機関 が引き下げた。中国海洋石油(CNOOC、883 HK)は5.4%安。売上 高の多くを米国で稼ぐ衣料品などの納入企業リー・アンド・フォン(利 豊、494 HK)は2.8%下げた。

ハンセン指数は前営業日比637.65ポイント(2.9%)安の21397.77 と、2012年7月以来の大幅な下落率で終了。ハンセン中国企業株(H 株)指数は3.1%安の9509.65。香港市場は春節(旧正月)の祝日のた め、1月31日と2月3日が休場だった。

RBCインベストメント・マネジメント(アジア)のファンドマネ ジャー、テレサ・チョウ氏は「米緩和策縮小とマクロ経済指標の悪化が 投資家心理を損なっている」と指摘。「何らかの安定したマクロデータ を確認するまで、市場は相場持ち直しのきっかけとなる材料探しに引き 続き苦労するだろう」と述べた。

原題:Hong Kong Stocks Cap 11% Slump From 2013 Peak Amid Global Rout(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE