香港株:ハンセン指数、調整局面入り-米中の経済統計を嫌気

香港株式相場は続落。ハンセン指数 が昨年12月の高値から11%下げ、調整局面入りとされる下落率10%を超 えた。米国や中国の製造業活動を示す指標が市場予想を下回ったこと で、世界の株式相場の下げが一段ときつくなっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。