任天堂:創業家一族が一部株式売却、自社株の7.4%を取得

ゲーム機世界最大手の任天堂の故山 内溥前社長の株式を相続した創業家の株主は4日、同社株式の一部を売 却した。任天堂が発表した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。