コーエン氏:米SACの社名変更へ、組織も再編

米資産家スティーブン・コーエン氏 は、司法取引の一環として自身が率いるSACキャピタル・アドバイザ ーズがヘッジファンド事業から撤退し、内部関係者らの資産運用に専念 するのに伴い、社名を変更するとともに経営陣がトレーダーを監督する 組織を新設する。

SACに近い関係者1人が、同社が非上場との理由で匿名を条件に 明らかにした。同関係者によると、トレーディング事業は3部門に再編 し、現在のトレーディング業務責任者であるフィリップ・ビロアー、昨 年閉鎖したロンドン事務所責任者だったマイケル・フェルッチ、クオン ツ取引グループを率いるロス・ガロンの3氏が責任者となる。組織再編 は3月半ばまでに実施の見通しで、コーエン氏はトーマス・コンヒーニ ー現社長とともに経営への関与を続ける。

SACは昨年11月、米当局との司法取引で証券詐欺などの罪を認 め、インサイダー取引関連としては過去最高額の18億ドルを支払うこと で合意。さらにヘッジファンド事業を閉鎖し、外部の預かり資産を返却 することを明らかにしていた。コーエン氏自身は刑事訴追されていな い。

同社の再編は米紙ニューヨーク・タイムズが先に報じていた。

原題:Cohen Said to Change SAC Name as Hedge Fund Turns Family Office(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE