IMF専務理事:金融当局は政策の他国への影響に留意必要

国際通貨基金(IMF)のラガルド 専務理事は3日、ロンドンで講演し、米連邦準備制度理事会(FRB) の緩和策縮小に伴い世界で資金をめぐる競争が激化する中で、各国は金 融当局の緊密な協力が必要であり、「自国の政策の他国への影響に留意 する必要がある」との認識を明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。