円が対ドルで昨年11月来の高値更新、日本株急落受け買い優勢

東京外国為替市場では円が対ドルで 1ドル=100円台後半に水準を切り上げ、昨年11月21日以来の高値を更 新した。日経平均株価が引けにかけて下落幅を拡大したことなどを受け て、前日の海外市場で見られたリスク回避的な円買い圧力が強まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。