日本株全面安、米統計と新興国不安、円高-8カ月ぶり下落率

東京株式相場は大幅に4日続落し、 東証1部の値下がり銘柄数が1700を超す全面安。米国の製造業活動指数 が予想以上に低下、根強い新興国不安や為替の円高加速も嫌気され、リ スク資産圧縮の動きが強まった。電機や自動車など輸出関連、非鉄金属 など素材関連株、銀行、建設株中心に全33業種が安い。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。