ECB副総裁:ストレステスト合格はさらに厳しく-資産審査で

欧州中央銀行(ECB)のコンスタ ンシオ副総裁は3日、年内に実施するストレステスト(健全性審査)の 前にユーロ圏内の銀行のバランスシートを検証することで、ストレステ ストの合格が難しくなるとの認識を示した。

同副総裁はフランクフルトで、「資産の質についての審査 (AQR)の結果をストレステストに活用する。このため、ストレステ ストに合格することは一段と難しくなる」と述べた。ECBはユーロ圏 の大手銀行は経済危機に見舞われても自己資本がリスク加重資産 の5.5%を下回らないことを示さなければらないと発表し、欧州銀行監 督機構(EBA)と同じ基準を採用すると明らかにした。

ECBはユーロ圏の銀行の一元的な監督責任を11月に担う前に、1 年に及ぶ包括的審査を実施している。ドラギ総裁はこの審査について、 銀行システムの信頼を取り戻して回復を促進するための鍵だとしてい る。

コンスタンシオ副総裁は「欧州の銀行に対する疑念を拭い去ること が狙いだ」と説明。「銀行のバランスシートは全ての投資家にとって完 全に健全で透明なものとなる」と述べた。

原題:Constancio Says Asset Review to Make ECB Stress Test Harder (2)(抜粋)

--取材協力:Nicholas Comfort、Jana Randow. Editors: Paul Gordon, Patrick Henry

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE