日本株楽観弱まる、新興国波乱で海外勢変調-1月ワーストに

日本株に対する楽観ムードが急速に 後退している。新興国市場の波乱が世界の投資家のリスク選好姿勢を冷 やした上、為替の円安一服、4月からの消費税引き上げも控え、企業業 績への信頼感も揺らぎ始めた。昨年の歴史的上昇相場を引っ張った海外 投資家が年初から売り越しに転じ、需給面の変調も懸念材料だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。