1月米自動車販売:GMとフォード、トヨタ減少-日産は増加

更新日時

大手自動車メーカーが発表した1月 の米自動車販売統計によると、ゼネラル・モーターズ(GM)とフォー ド・モーターの販売台数はアナリスト予想を上回る落ち込みとなった。 1月としては20年ぶりの厳しい寒波で自動車ディーラーへの客足が鈍っ た。

GMの販売台数は前年同月比12%減、フォードは7.5%減少した。 3日の米株式市場で両社の株価は下落した。トヨタ自動車は7.2%減。 アナリスト予想の平均は2.7%減だった。ホンダは2.7%減。アナリスト 予想は4.8%増だった。

一方でクライスラー・グループと日産自動車はアナリスト予想を上 回る増加となった。クライスラーは8%増。アナリスト予想の平均 は5.4%増だった。日産は12%増。アナリスト予想の平均は10%増だっ た。

自動車業界調査会社エドマンズ・ドット・コムのアナリスト、ジェ シカ・コールドウェル氏は「GMとフォードの販売が集中するエリアは 悪天候でひどい打撃を受けた」と指摘。クライスラーについては、 「『チェロキー』など引き続き好調な販売となるだろう」と予想した。

ニューヨーク株式市場でフォード株の終値は前週末比2.7%安 の14.55ドル。GMは2.3%下落し35.25ドルだった。

調査会社オートデータによれば、1月の業界全体の米自動車販売台 数(季節調整後)は年率換算1520万台と、アナリスト予想の1570万台を 下回った。

トヨタの「カムリ」は27%減、ホンダの「アコード」は14%減っ た。一方で日産の「アルティマ」は4.9%増だった。

原題:GM Joins Ford Posting Sales Declines Blamed on Cold U.S. Weather(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE