NYで積雪20センチも、嵐が通勤の足直撃か-空の便も欠航多数

米国では3日、空の便で欠航が相次 いでいる。嵐でユタ州からペンシルベニア州に至る広範囲が吹雪やみぞ れに見舞われるほか、ニューヨーク市では最大20センチの積雪となる恐 れがある。

ニューヨークでは米東部時間午前5時(日本時間午後7時)前に雪 がちらつき始めた。米国立気象観測所(NWS)の気象予報士、ビル・ グッドマン氏(ニューヨーク在勤)が2日語ったところによると、嵐に よる深刻な影響は3日正午まで続く見通しで、航空機が駐機を余儀なく されたり、通勤の足を直撃するのがほぼ確実な状況となっている。

航空情報サービスのフライトアウェアによれば、午前6時11分現在 で国内線・国際線合わせ897便が欠航となっている。

原題:Snow Set to Snarl NYC Commute, Grounds Hundreds of Flights (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE