ソフトバンク時価総額、年初来2.6兆円減少-米国事業に懸念も

ソフトバンクが米通信会社Tモバイ ルUSに対する新たな買収をもくろむ中で、ソフトバンクの株価が大幅 下落している。米国事業への不安が背景にあり、時価総額は年初来で約 2兆5600億円吹き飛んだ計算になる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。