ポルシェ氏とピエヒ氏をヘッジファンドが提訴-VW株取得で

ヘッジファンド7社が、独ポルシ ェ・オートモービル・ホールディングの監査役会のウォルフガング・ポ ルシェ会長と監査役のフェルディナント・ピエヒ氏を相手取り、ポルシ ェによるフォルクスワーゲン(VW)株取得をめぐり18億ユーロ (約2480億円)の損害賠償を求める訴訟をフランクフルト地方裁判所に 起こした。

ポルシェが2日、電子メールで配布した資料で明らかにした。同社 は今回の民事訴訟には法的根拠がないとして争う考えを示した。ピエヒ 氏はVW監査役会の会長も務める。

ポルシェは2008年10月、オプションなどを通してVW株74.1%をコ ントロールしていると発表し、75%を取得して最終的に買収を目指す方 針を明らかにした。この発表をきっかけにVW株は急騰。株価下落を見 込んでいた空売り投資家によるポジションの巻き戻しが殺到したため だ。それ以来、ポルシェに対する訴訟が相次いでいる。

ポルシェは最終的にVW買収を断念し、現在はVWの傘下に入って いる。同社はVWの株価を操作したとの疑惑に直面しているが、米国の 訴訟でドイツへの管轄変更を認められるなど、これまでのところ防衛に 成功している。

ポルシェの資料ではヘッジファンドの社名は明らかになっていな い。この件をめぐっては独誌シュピーゲルが先に報じており、エリオッ ト・アソシエーツが民事訴訟を起こしたファンドの一つだと伝えてい た。

原題:Porsche, Piech Sued in Frankfurt by Hedge Funds Over VW Deal(抜粋)

--取材協力:Karin Matussek. Editors: Paul Sillitoe, Srinivasan Sivabalan

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE